お問い合せはコチラ
LPガス
安全チェック
日ごろの安全点検は、ご自身の手で行ってください
マイコンメーターの出口からガス器具まで(メーターのない場合は容器からガス器具まで)は消費設備と呼ばれ、法律上の管理責任はお客様にあります。日頃使用される器具については、お客様の責任で安全にご使用ください。容器からマイコンメーターまでは、供給設備と呼ばれ、この部分はトチネンが責任をもって安全管理しております。また原則4年に1回以上、お客様の全ての設備について、点検・調査をさせていただいています。

いつも安心の安全器具や、安全装置付きガス機器をおすすめします

マイコンメーター
ガス漏れなどLPガスの流れに異常があると、マイコンメーターに内蔵されたマイコンと遮断弁が働き、ガスを遮断します。※大きな地震(震度5以上)の際にもガスを遮断します。


ヒューズガス管
ゴム管が外れるなどして
LPガスが大量に流れた
とき、自動的にLPガスを
止め、ガス漏れを防ぎます

ガス漏れ警報機
ガス漏れをすばやく感知し、ブザーや音声でお知らせします。


立ち消え安全装置付き
  コンロ
風や煮こぼれなどで火が消えると、安全装置が働いて、自動的にLPガスを止めます。

過熱防止装置付きコンロ
天ぷら油などが熱くなりすぎると自動的にLPガスを止め、過熱による火災を未然に防ぎます。


CO(一酸化炭素)中毒事故防止に有効です

CO(一酸化炭素)警報機
不完全燃焼で発生したCO(一酸化炭素)を感知し、ブザーや音声でお知らせします。


不完全燃焼防止機能
  付き小型湯沸器
換気不足や器具の目詰まりなどで、不完全燃焼をはじめるとLPガスを止めます。
※不完全燃焼防止機能の付いていない小型湯沸器は、事故防止のため早めにお取り換えください。

屋外設置式のふろがま
  または給湯器
屋外の空気を使って燃焼し、排ガスも屋外に排出するので、不完全燃焼対策に有効です。